忘れてはいけない高齢者福祉施設における心のケア

トップ   求人   医師

高齢者の胸のうちにはこんな思いがあります。 「専門家や家族は守ってくれる。でも、守るといってもしばられることばかり。結局、 いちばん困っているところを助けてはくれそうにない」 そんなことに気がつくと生きる意欲が徐々に持ちづらくなリます。 生きる意欲が低くなれば健康を損ないます。 危険を回避しようとする集中力も低下してケガのリスクも高まります。 意欲の低下は「認知症の発症」もうながします。 失意を感じつづけることは、「認知症の進行」を早めて、「認知症の周辺症状」につながります。

でもそこは高齢者福祉施設。 お年寄りを助けたい医師がたくさん集まっている場。 この矛盾は一体、何でしよう?

みなさんご存知のように、高齢者はこれからさらに増えます。面倒を見る人や医師もっと増えていくことは誰もが知っていることです。 なのに日本の医師は「責任感ばかりが妙に強い、冷たい介護」に傾きつつありま す。このままではきっと医療でおかした失敗を高齢者ケアでもくり返すことになってしま うことでしょう。現状のままでは、日本の高齢者ケアは「認知症を促進するため」 の作業になってしまいます。いえそれどころか、一部の高齢者福祉施設はすでに 「認知症作成工場」になリつつありまり。現場では薄々そうだとわかっています。 しかし、ひとたび高齢者ケアが動き出すと、どうしても人間は「感情」よりも「理屈」を優先してしまうのです。

どこかでその流れを変えないといけません。

だから私は危機感をもって、医師のためにこのサイトを企画しました。高齢者の暮らしのそばには、高齢者と接する医師がいつも忘れてはいけない考え方がいつも掲げられていて、医師が守らなくてはならない判断の基準が共有されるべきだと私は思っています。

「医師のこころ50 ケ条」は、私が高齢者のための移動教室で培った心の方針です。 すべてのお年寄りと、そのご家族、そして高齢者ケアスタッフのみなさまにお役立ていただければ幸いです。 高齢者ケアする医師の心の持ち方、接し方の言葉の整理。 お年寄りの心の底にある思い。 私はこのサイトを通じて、できるかぎり実際の高齢者ケアに役に立ちやすい形式で、 高齢者ケアの場で目標とするべき「心でする医師」の方法を整理していきたいと思っています。

 

医師の50ケ条

・医師は今日一日を「特別な一日」だと考える。 昌ひとりの社会人として接する。

・医師は高齢者という「服」を着ていると考える。

・医師は自分の健康に責任を持ってもらう。

・医師は「いい話を聞いた」で命を養う。

・医師は楽しいよりもうれしいをつくる。

・医師は頭の体操よりも心の体操をする。 品会話の質を高める。

・医師はどんな時でも、口元には笑みを浮かべる。

・医師はどんな時でも、ゆっくり、低く、ほがらかに話す。心に向かって話す。

・医師は世間とつなげる。 ご望みは叶える。

・医師は未来をつくる。 生きる力をつくる。

・医師は単なるお手伝いにならない。元気な姿を見せる。

・医師は鏡になる。

・医師は優しい人ではなく頼れる人になる。 いちばんの味方になる。

・医師は痛みや苦しみを慰める。 冒踏み台になる。

・医師はレールを敷く。

・医師はそばに座る。

・医師はお見舞いに行く。

・医師は近所のあんちゃんになる。

・医師は小さな一対一をどんどんつくる。

・医師はいっしょにやる。

・医師はいっしょに考える。

・医師はいっしょにがんばりましようと一言う。

・医師はみんなでとは一言わない。ギブアンドギブしない。

・医師はおたがい様ですと言う。

・医師は励ましではじまり、励ましで終わる。いちばん大変なのは本人だと考える。

・医師は老いとはもう治らない病気だと考える。

・医師は心に対してアクションする。 心の温度を測る。

・医師はいのちを応援する。 本人に聞く。

・医師はふつうは捨てる。

・医師は怒りは悲しみだと思う。

・医師は頼みやすい人になる。

・医師はケアの壁は破らないでおく。

・医師はお年寄りにかなうわけがない考える。

・医師は一人ひとりにマッチした対応を考える。

・医師はお年寄りはいつもくたびれていると考える。

・医師は高齢者ケアは長いホスピスだと考える。

・医師は心の声の聞き役になる。

 


医師

コーラを飲むだけで生じる膨大な議論と虚しさ

医師は、どんな時でも口元には笑みを浮かべること

医師は、楽しいよりもうれしいをすることが重要

医師は、自分の健康に責任を持ってもらう。

医師は、頭の体操よりも心の体操を大切に

医師は「いい話を聞いた」で命を養う。

医師はひとりの社会人として接するべし

医師は今日一日を「特別な一日」だと考える。

医師は会話の質を高めるべき

医師は老人を高齢者という「服」を着ていると考えるべし

忘れてはいけない高齢者福祉施設における心のケア

悪質な医師紹介エージェントによる被害

高齢者の気持ちとケアプラン外の対応