看護師の転職を成功させる! ~看護師転職の考え方と将来への道~

はじめに

看護師の資格をお持ちの皆さん。看護師として転職したことのある人も,初めて転職する人も,まずは,良く考えましょう。転職を契機に伸びていく人もいれば,残念ながらダメになっていく人もいます。なかには,看護師の仕事そのものに嫌気がさしている人もいるのではないでしょうか。

「なぜ,私は転職するのか」という自己分析から始まって,「よい転職先はどのようなところか」,「どうやって自分に合った転職先を探せばよいのか」,という大命題は,人生をかけた大きな選択には間違いありません。

さらに,今,日本は社会保障費がひっ迫しており,医療をめぐる国の政策は大きな転換期を迎え,来るべき少子高齢化社会へ向けて医療業界そのものが大きく変貌を遂げている最中なのです。「今」の看護師の転職事情を研究していかなければ,不安もあるし成功できないと思います。

このサイトでは,そんな日本の「今」を基軸にした,看護師の転職を成功させるための手順とノウハウを研究していきます。

 

看護師として転職したいあなたは,どのタイプ?

今,看護師として働いている現場から,ほかの現場へ移って働きたいとお考えだと思います。あくまで看護師としての資格を生かして生きていくという前提ですが,その前に自分は以下のどのタイプに当てはまるのか考えてみてください。

 

  • 今の仕事が「しんどい」から。
  • 看護師として,上のランクへ行きたいから。
  • 専門性を磨きたいのでその分野で有名な病院へ行きたいから。
  • 病院ではない介護などの職場へ移りたいから。

 

タイプ別看護師転職成功法とは

それぞれのタイプ別にどうやったら成功するか考えていきます。

今の仕事が「しんどい」からのタイプ

たぶん最も多いでしょう。ほとんどの人がこれだと思います。

患者さんの命をあずかっているという重責から逃れたい,仕事が多すぎてつかれる。

勉強会などが多くプライベートな時間が取れない,家事育児との両立ができない。

自分の将来が思い描けない,などなど。

もっと漠然に「なんとなくいや」というのもあるでしょうね。

全部投げ出して,すべてを変えてしまいたい。リセットしたい。

でも,よく考えてみてください。今の仕事の「何が」いやなのでしょうか。転職によって変えたい部分と,変えたくない部分があるはずです。ひょっとするとあなたが変えたい部分って,転職によって他の職場に行っても変えられないかもしれません。例えば,人間関係などは転職先で確実によくなるという保証はありませんよね。

「仕事がしんどい」という理由なら,もっと具体的に,「プライベートな時間を今より確保したい」とか「夜勤はしない」とか,「転職によって変えられる」部分に焦点を当てて,それによって楽しく生活できる自分をイメージして考えていきましょう。

「なんとなくいやだから」というネガティブな理由というのはどこの職場に勤めたとしても必ずあることです。「とにかく別な職場を」という理由だけでは,安易な妥協につながるので今後も転職を繰り返すことになるでしょう。現にそういう人が非常に多いのが現実です。こういう転職は失敗するでしょう。

 

看護師として,上のランクへ行きたいからのタイプ

看護師にも,現場を熟知した指導的な立場の人は必ず必要です。看護部長や看護師長,主任,班長といった看護師のまとめ役になるには経験が必要。「今の職場ではなりたくてもなれない」というのであれば,転職を考える前に,自分の将来の希望をまずは上司に相談してみましょう。看護師として指導的な立場になりたいという希望がある人は,多くの場合,上司の人はそのように大事に育ててくれるはずです。なぜなら,看護師として将来,人の上に立ちたい,と思っている人の割合って意外と少ないから病院にとっては願ってもない貴重な存在なのです。看護部長や,師長をよそから持ってこようとしてもなかなかすぐに見つかるものではありません。ちょっと自信がある人なら,自分の病院で長く勤めていれば,遅くとも十年後くらいにはなれるものと思ってよいと思います。普通のサラリーマンの出世より早いはずですよ。もしそれを目指して転職したとしても,その病院での固有の事情の知識などの経験値がリセットされますので出世は長くかかってしまいます。

看護部長や師長のような指導的立場ですと高い報酬で厚遇してくれますし,ある程度自分の意見が病院経営に影響しますから,自己都合で転職する人はなかなかもうこのクラスにはいらっしゃいません。だから,もし「将来はこの病院で師長になりたいと思っているからご指導ください」と申し出て,病院や上司に理解されたうえでそのまま勤め続けたほうが絶対有利です。もし,病院や上司に全くその気がないというのであれば,その時は転職を考えるときです。

 

専門性を磨きたいのでその分野で有名な病院へ行きたいからのタイプ

最も有利な転職理由です。どんな人にも受け入れられやすいでしょう。逆にそういう理由で転職を希望してきた看護師を拒否する病院はないと言っていいくらいです。看護師は専門性の高い仕事なので,世間は「看護師」とひとくくりにするけれども,いろいろな職種があって,それぞれ全く違う職業といっていいくらいその仕事内容,必要とするスキルは違うものです。慢性期の病院で療養病棟の看護師を長年やった人が,いきなり高度急性期の救命救急はできませんし,その逆もまたしかりです。看取りの経験ありなし,オペ室経験,全介助の患者さんの看護経験,人口呼吸器取り扱い経験の有無などなど,看護師の世界はやればやるほどいろいろです。

これらをすべて経験したことのある看護師さんはたぶんいないでしょう。だからその道を究めたい,例えば自分はスポーツ障害専門の看護師になろうと志して,その専門の先生の病院に行くとか,自分は回復期専門になりたいというのであれば,その道の権威がいらっしゃる病院にいくとかという選び方ですね。 こういうときは,インターネットは便利です。この後でご紹介しますが,Googleで「看護師 転職」と入力して検索すれば看護師の転職サイトは,たくさんありますから,できれば全部見たうえで自分に合ったサイトで探してみるとよいでしょう。

 

病院ではない介護などの職場へ移りたいからのタイプ

何らかの理由で,病院から離れたいとお思いの看護師さんもたくさんいらっしゃいます。多くの介護施設では一定人数の看護師の配置が義務付けられていますから,病院以外の職場も実は多いのです。病院のように忙しくないし,お年寄りにやさしく接してあげるのが性に合っているというのであればこれも大いにありです。

ただ,各介護施設に1~2名くらいですので結構狭き門になると思いますし,看護師と言えども介護福祉士と同じ介護の現場で働くことになるのだということを自覚せねばなりません。実は,介護福祉士は慢性的に不足気味で,そもそも,若い学生の中で志す人そのものがいないのだそうです。政府は今外国から介護の人材を採用できるよう法を改正しましたね。ほんとに外国人が介護の現場に入ってくるのかどうかわかりませんが,介護士の人数が充足しない限り,看護師が介護士人材不足を補っていかなければならないという構造になっています。求人をよく見てみますと意外に介護施設が多いのに気が付かれると思います。自分が向いていると思ったらチャレンジしてみるのもいいかもしれません。その施設に一人しかいない看護師さんですから周りから頼られる存在になれる可能性は大きいですよ。その点はメリットですね。

 

主要な看護師転職サイト紹介

では,インターネットで検索した時に,たくさん出てくる看護師用転職サイトの中で最もためになる,役立つサイトはどれなのでしょう。当サイトが最もお勧めするものを厳選しました,

 

1.マイナビ看護師      株式会社 マイナビ

転職サイトとして有名なマイナビが,特別に力を入れている看護師専門の転職用サイト。日本全国の看護師の転職求人を探すことができる。さらに適宜,特殊な要件の求人の特集,たとえば「夜勤なし」とか「高給与」とか「寮,社宅借上げ」とかの特集も充実している。初めて看護師転職する人向けのノウハウ記事がすべての看護師転職サイトの中で最も充実しているといってよい。

 

2.看護師求人EX   株式会社じげん

30社以上の看護師転職求人,人材紹介会社保有の求人情報を一括検索して応募できる。常時10万件以上という求人数の多さを誇るサイト。転職ノウハウのコンテンツもマイナビに負けず劣らず豊富。あとはサイトのデザインによる見易さか。上で紹介したマイナビもこのなかの一括応募リストに含まれている。

 

3.ナース人材バンク    株式会社エス・エム・エスキャリア

紹介実績No1を標榜する看護師転職専門サイト。人材紹介業である。

さすが,専門だけあって,トップ画面が細かい。「クリニックの求人特集」,「助産師の求人特集」とか「2交代の求人特集」など,目の付け所がちょっと違う。ほかの転職サイトでは手の届かないところまで考えている感じ。「WEB上病院見学」などの取材記事などもある。

 

まとめ

転職をしようと思っている看護師のあなた。あなたの前には何かが見えているでしょうか。将来へ続く道がはっきりと見えているというのであれば,迷わず転職しましょう。いますぐに活動を始めるべきです。逆に,自分は今の職場をやめたいのだけれど,将来どうなるかわからない。成り行きに任せればなんとかなるかなという人は,もう少し今の職場で自分を見つめなおした方がいいと思います。

他人の考え方は変えられませんが,自分の考え方は変えることができます。考え方が変われば,行動が変わり,行動が変われば,結果が変わり,結果が変われば運命が変わるのです。このサイトを最後まで読んでくださった,看護師のあなたは,必ず輝く未来を手に入れることができるでしょう。