求人

トップ   求人   医師

求人

求人を探すのは、病院での人間関係に悩みが多いといわれる、特に局においては教授との間でこじれが生じると、地方の病院へ転勤されられたり、助手、助教授の路線から外され、いきなり後輩に抜かれる憂き目にあうため、非常にデリケートである。また大学病院においては、基本的に教授が退官するまで、その地位は占有されてしまうため、医局での科目選びでは、教授、助教授(准教授)、助手の序列もあらかじめ調べておかねばならない。

ネットで求人を見ていると、いかにも簡単に転職できそうに思えるが、実際は好条件の求人を見つけるよりも、勤務先をやめることの方が難しい。これは医局員の数を減らさないために病院や医局から激しい引き留めを受けるからである。この引き留めをなおざりに扱ってしまうと、求人元に圧力が掛けられ、内定が取り消されてしまうケースも聞かれるので細心の注意を払うべきだろう。

また求人においては、家族としっかりと相談するべきである。特に子供の受験は大きなハードルとなる場合が多く、一生単身赴任を余儀なくされるリスクがあるので、少なくとも20年後までの生活を見通しておかねばならない。また、意外な落とし穴が介護である。親の介護のために郷里に戻らねばならない可能性も想定し、二世帯の20年後をシミュレーションした上で、転職を決定する必要がある。

求人において大きな3つのファクターは

  • 年収
  • 勤務時間
  • 休暇

である。

年収は少なくとも500万円。勤務時間は当直は避けられない病院の場合でも、週平均60時間以下。休暇は有給を含め、年120日がボーダーであり、休みを取る自由度も尺度に入れておかねばならない。実際の数値は自分で決めるものだが、まったく無計画のまま求人に応募してしまうと、結局、他のクリニックが良く見えるようになり、求人探しの繰り返しとなり、まさにjob-hopping状態に陥ってしまう。

先端的な求人に応募して高度な医療スキルの習得を望む場合、しっかりしたキャリアプランを描いておかないと、専門医として認められない立場になり、後から後悔してもどうにも取り返せない状況になってしまう。平穏な一般医として過ごすのか、学術的に最先端の医学を極める専門医を目指すのかは早い段階で決めておかねばならない。特に2017年の導入は見送られたものの、新専門医制度の導入は学会主導で開始されるのが不可避であるから、開業医ではなく勤務医として生きるのであれば、早急に覚悟を決めてその旨を転職コンサルタントに伝えておかなければ、キャリア形成に大きな悪影響を及ぼす羽目になる。

70歳を超えても病院で現役として活躍している現状を鑑みると、一生働ける職種ではあるものの、将来を見通せない職場にいるようであれば、早めに良質な求人を探して軌道を修正しておかねば、間違いなく後悔するであろう。

 


求人

千葉県の求人は未来をつくる

埼玉の求人では望みは叶える

大阪の求人では世間とつなげることを意識してほしい

東京の求人では心に向かって話す姿勢が大事

老人ホームの求人で重要な鍵を握る院長や事務長との条件の調整と面接