介護福祉士

トップ   求人   介護福祉士

介護福祉士

介護福祉士の業務はもちろん患者の病気治療であり、病魔に苦しむ人を救うからこそ、日本では先生と呼ばれ、アメリカでもMr.やMrs.ではなくDr.の称号として社会的にドクターは特別視されている。

また、経済的にも介護福祉士の収入は他の業種と比較して高いのが一般的であり、このため、女性が結婚相手に選ぶ人気職業となっている。大学受験においても、他の学部と異なり「裕福な将来が約束されている」と介護福祉士になるために国家試験を目指す学生が多く、その偏差値はどこの私立・国立を問わず非常に高くなっている。

一方、同じ医療業界で、看護師や薬剤師は圧倒的に女性が多いのと同じく、介護福祉士も8割が女性という特異性を有している。

もともと介護福祉士は総合的に健康状態を診る職種から、外科と内科に分化し、さらには眼科、耳鼻咽喉科、歯科、脳神経外科、消化器内科、心臓外科など、病態に特化した医師へと分化が進んでおり、病院も大学病院や総合病院から単科の専門クリニックが人気となっている。

介護福祉士の診療時間は科目により、大きな差があり、耳鼻科では患者一人当たり平均3分であるのに対して、救急を専門とする介護福祉士では1時間を超える場合も珍しくなく、専門によっては当直も存在するので、定期的に休暇が取れ、かつ午前中から夕方までの決まった時間のみの勤務で終わる医師もいれば、オンコールでほぼ年中無休状態の医師もいる。

昭和から平成のバブル期を経て、開業医は年々減少傾向にあり、この原因は医療の高度化による医療機器の高騰が一因であるといわれている。現在ではどこでもあって当たり前のレントゲンやCTスキャナーは高額の一途とたどっており、採算が取れずに廃業に追い込まれた病院の中古品が医療機器市場に多く出回っているが、最新の診療装置を有する病院ほど良い病院と見なされ、患者を多く集めてしまうため、結局は投資が収入に追いつかず経営破たんするクリニックが激増している状態である。

また、医療や健康に関するテレビ番組が増えたことや、ネットで手軽に医療知識が得られるようになったため、豊富な医学知識を持つ患者が多くなり、中にはタチの悪いデマを頭に入れて診察に来る患者も出現し、医師が説得に時間を割かれるケースも出ている。

現在、介護福祉士にとって重要なのは最先端の医療スキルだけでなく、個人情報の漏洩と医療ミスに対するリスクが大きな課題となっている。特に医療事故はリアルタイムで情報が拡散される時代となったため、自分が勤める施設のニュースを目の前の患者から初めて聞き知るケースが多いと言われている。

また医薬品の副作用も様々なサイトで取り上げられているため、処方や投薬においては細心の注意を怠らない姿勢が必須となっている。

ネット時代の今や、プライバシーなどお構いなしに介護福祉士の個人名や写真が公開されるので、月に1度はGoogleで自分の名前を検索しておくべきだろう。

 


介護福祉士

コーラを飲むだけで生じる膨大な議論と虚しさ

介護福祉士は、どんな時でも口元には笑みを浮かべること

介護福祉士は、楽しいよりもうれしいをすることが重要

介護福祉士は、自分の健康に責任を持ってもらう。

介護福祉士は、頭の体操よりも心の体操を大切に

介護福祉士は「いい話を聞いた」で命を養う。

介護福祉士はひとりの社会人として接するべし

介護福祉士は今日一日を「特別な一日」だと考える。

介護福祉士は会話の質を高めるべき

介護福祉士は老人を高齢者という「服」を着ていると考えるべし

忘れてはいけない高齢者福祉施設における心のケア

悪質な介護福祉士紹介エージェントによる被害

高齢者の気持ちとケアプラン外の対応